So-net無料ブログ作成

フォルツァのボディカバーのベルトが溶解・・・ [アイテム]

フォルツァのNEWボディカバーを購入して1ヶ月過ぎましたが何とボディカバーのベルトが溶解して切れてしまいました。いままでのボディカバーではこんなことは無かった・・・カバーの裾の生地がちょっと短いのも原因?

フォルツァ ボディカバー 001.jpg

バタつき防止ベルトが切れたようです。

フォルツァ ボディカバー 002.jpg

良く見ると、溶けています(ちょっとピンボケ・・・)

フォルツァ ボディカバー 003.jpg

直接の原因はBEAMSマフラーにベルトが接触したようです。先日、走り終えて直ぐにボディカバーをかけたのがいけなかった・・・バタツキ防止ベルトは締めない方が良かったな~。では応急処置をしましょう。

フォルツァ ボディカバー 004.jpg

ベルトの切り口をハサミでカットしてセメダインスーパーXで接着しますがスーパーXは非溶解性の接着剤なのでナイロン等にも安心ですね~。

フォルツァ ボディカバー 006.jpg

万遍なく付けて暫く乾燥させます。この乾燥がキモ!!

フォルツァ ボディカバー 007.jpg

ベルト同士を力強く圧着して最後に洗濯バサミで留めましょう。ホントはもっと強力なクランプがあればベストですが・・・

これで一件落着です。耐久性に問題がありそうですが仕方が無いですね~。皆さんも走り終えてから直ぐにボディカバーをかける時は注意しましょう。えっ、私だけ?

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ←楽しい為になるブログがいっぱい・・・是非どうそ[わーい(嬉しい顔)]


nice!(3)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 3

コメント 14

Lightwaver

ありゃりゃ。
カバー自体は耐熱なんですよね?
ストラップは盲点でしたねぇ。
by Lightwaver (2011-02-17 19:38) 

たくや

思わぬ落とし穴でしたね。
カバーを付けたままエンジンを掛けて溶かしたのは私です(笑)
by たくや (2011-02-17 20:33) 

としくん

以前、フォルツァに乗ってまして、純正のシートカバーをつけていましたが、半年くらいで、カーバーが破れてしまい。クレームで一度無料で交換してもらったことがあります。その後もやっぱり1年持たなかったような記憶があります。かなり、薄いですもんね、純正派。シートカバーは、冷えてからしないと・・・なちゃいますよね。
by としくん (2011-02-17 20:47) 

yosi

熱いうちにシートカバー掛けても解けなかったんで安心していたけど
そこが解けちゃいますか。
やっぱり冷ましてからかけよう。
by yosi (2011-02-17 21:06) 

パイロン

Lightwaver さん、カバーは耐熱仕様みたいですがベルトは・・・

寒風で飛ばされないようにギュッと締め付け過ぎたのも原因かも・・・
by パイロン (2011-02-17 22:14) 

パイロン

たくやさん、以前のボディカバーは平気だったのに・・・

えっ、カバーをかけたままエンジンを?それは大変なことに・・・お互いに気をつけましょう^^
by パイロン (2011-02-17 22:17) 

パイロン

としくんさん、カバーをクレームで交換したのですか?

ボディカバーは耐用年数が思ったより短いのでまるで消耗品のようですね^^
by パイロン (2011-02-17 22:19) 

パイロン

yosiさん、カバーの生地は耐熱仕様ですがやはりエキパイ部分はかなりの高熱ですね。

エンジンが冷えてからかけるのがベストのようですが盗難防止から一刻もカバーをかけたい・・・という気持ちも・・・
by パイロン (2011-02-17 22:22) 

よっしー

あちゃー…

溶けていますね!
以前のカバーで同じようなことがありましたが、そのときはリアのベルトがマフラーのサイレンサー部分に触れてでした!

センターのベルトも気をつけたほうが良さそうですね!
気をつけます!!
by よっしー (2011-02-18 08:40) 

パイロン

よっしーさん、見事に溶けています・・・一番熱いエキパイに触れたのだからひとたまりも無い?

よっしーさんも同じボディカバーなので注意を・・・
by パイロン (2011-02-18 22:06) 

たらちゃん

あちゃ~!熱いのでかけちゃいけないとも思いますが、帰ってきて
しばらくしてからカバーをかけるというのも面倒。
マンションなどではすっごい面倒ですよね。そのあたりはメーカーさんも
工夫してほしいところですよね。
by たらちゃん (2011-02-19 00:11) 

パイロン

たらちゃん、まさに仰る通りです。暫くして冷めたらカバーをかけようとするのですが中々・・・

耐熱ベルト?それとも麻のヒモ?エキパイに触れなければ良いのですが・・・
by パイロン (2011-02-19 06:24) 

T2 「空波とともに」

バイクショップで販売しているものは、ほとんど「耐熱!!」「マフラーも大丈夫!!」といった表示がされていますが、カバーは耐熱でもベルト部分は違うよ・・・と言うことなのですね。
勉強になりました。ありがとうございます (*^_^*)
by T2 「空波とともに」 (2011-02-19 07:13) 

パイロン

T2さん、その通りなんです。流石にベルトまで耐熱仕様では無いみたいです。

エンジンが冷えてからカバーをかける、ベルトはエキパイに触れない、ギュッとベルトを締めない・・・私も学習しました^^
by パイロン (2011-02-19 20:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。