So-net無料ブログ作成

赤塚不二夫氏を偲んで青梅赤塚不二夫会館に行ってきました。 [お散歩]

今日8月22日(金)に先日訃報が伝えられた故赤塚不二夫を偲んで青梅の赤塚不二夫会館に行ってきました。
まだ私が幼い頃から赤塚不二夫さんは活躍されていて「ひみつのアッコちゃん」「もーれつ ア太郎」など読んで育ちましたので今回の訃報は残念です。

P1020312.jpg
場所は青梅市住江町66です。青梅街道沿いにあるのですぐにわかります。入場料は400円(大人)です。「昭和レトロ商品博物館」「昭和幻燈館」共通券もあります。http://akatsuka-kaikan.ome.jp/
P1020294.jpg

今日は平日ですが来館客がたくさん。となりには「昭和レトロ博物館」があります。

P1020296.jpg
やはりバカボンのパパとイヤミははずせないですね。

P1020301.jpg
若き日の赤塚氏とタモリ氏。タモリを表舞台に出したのも赤塚氏です。
P1020302.jpg
トキワ荘のジオラマ。
P1020303.jpg
原画です。ここは2階もあるのですが2階は撮影禁止です。2階は原画などがたくさんあり著作権の問題でしょうか?
P1020304.jpg
ご自由に読んでOKです。
P1020305.jpg
おみやげショップです。あまり関係ないのもありますが・・・
P1020307.jpg
追悼帳もありました。
P1020281.jpg
またこの付近は昔の映画の看板が描いてあり楽しめます。「昭和幻燈館」です。
P1020285.jpg
久保板観氏の作品です。商店街の活性化のために映画看板を設置しているようです。またシネマ通りという昔、映画館があった名残の通りもあります。
P1020286.jpg
何気ない場所にもあります。
P1020279.jpg
商店の看板と一緒に。
P1020280.jpg
これも町お越しのアイディアでしょうが結構いいかも?
P1020324.jpg
ここから青梅の名前の由来の梅がある金剛寺へ・・・
P1020315.jpg
平将門伝説の梅です。
P1020319.jpg
こんな感じです。

赤塚不二夫氏は漫画界にギャグ漫画というジャンルを開きその影響ははかりしれません。最初は少女マンガからスタートでしたが、ギャグ漫画で一世風靡しました。天才バカボンは最もたるものでしょう。

これで終わりなのだ!!

赤塚不二夫氏のご冥福をお祈りいたします。



タグ:赤塚不二夫
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 3

せん

こんな場所があるんですね。
私も赤塚アニメ見てました。

ジオラマとか見るの好きです♪
タモリさんの白紙の追悼文というニュースを思い出します。
by せん (2008-08-23 05:45) 

パイロン

せんさん、こんばんは。
青梅と赤塚不二夫というつながりはあまりわかりませんが、昔は青梅宿で栄えたもの今は大型商業施設にお客を奪われたため商店街の活性化が目的だと思います。でも理屈抜きで楽しいですね。隣の「昭和レトロ商品博物館」も面白いですよ。また昔ながらの商店も多く懐かしい感じです。
by パイロン (2008-08-23 20:07) 

Cialis generika

沒有醫生的處方
where to buy cialis in ontario http://cialisyoues.com/ Tadalafil 20mg
by Cialis generika (2018-04-14 10:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。